ライ(´゚ω゚):;*.':;ブッ

奇人変人変態揃いの厨ギルド その名もLIVE!!(°▽、゜)キャー

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み物その2

どこかで声が聞こえた.


“ええ? それが何のお話か…?”
意味分からない言葉音に幽魂は周辺をきょろきょろ見回した. 彼の周辺にはすれちがう観光客や行人たちだけだった. 彼らは幽魂の存在を意識しないで忙しく自分行く道に行っていた. その人々間間にした年寄りの姿が止められた場面のように見えた. 年寄りはイーゼルを敷いておいてカンバスに絵を描いていた. 彼は観光客たちに聖堂周辺の風景や肖像画みたいな絵を描いてくれてそれを売って暮らす距離(通り)の画家だった.


年寄りは黙黙と絵だけ描いていた.
幽魂は年寄りに近付いて彼が描いている絵を見た. 年寄りの絵の中には美しいボヘミアン女人がダンスをしている姿が描かれていた. ボヘミアン女人の顔は清楚ながらも同時に奇妙な魅力を持っている黒い百合みたいだった. 絵の中の彼女は住んで踊ることのように優雅で自由で動感にあふれる曲線で成り立っていた. 幽魂の耳元に音楽が響いたし彼女の動き音が聞こえた.
幽魂は絵で視線を回して広場を眺めた. 絵の中の彼女を捜していた.
そんな幽魂の考えを読んだのか年寄りが先に言葉を取り出した.


“その女人はオブダだね.”
“ええ? それなら想像の女人でしょうか?”


年寄りが言葉を引き継いだ.

“美しい女人だった. 彼女は絵の中に見えるそのままジブシヨッダだね. この広場へ来る人々打って彼女が分からない人々がいなかったんだろう. 聖堂ではなく彼女を見に来る人がいるゾングドヨッウだからね. 人々は彼女を ‘エスメラルだ’と呼んだの. 彼女の実際名前ではない.ただ, 彼女がノトルダム広場でダンスをするつまんだし, ユゴーの話に出るボヘミアン女である位美しかったから人々がそれほど呼んだのよ.”


幽魂は胸が熱たくなるのを感じた. どんな感情がのどまでつき上がるようだった.



“そのためです? この女人はまだ広場でダンスをするんですか?”
“もう二十年頃前の事なの. 広場へ来る人々はもう彼女を忘れたし, 彼女は私の記憶の中にだけ残っている. 私が描いた絵を通じてこの前の彼女にあえる.”
“どうして今は見られないのですか? 女人はどうなりましたか?”


年寄りは回想に掛かったのか描いた筆づかいを止めて筆を筒に浸した. そして, 椅子に座って長く一息を吐き出してからは長長しい話を始めた.


“エスメラルだ. ダンスをする. 皆があなたを会いたがるんだよ.”
人々が広場に集まって彼女を待っていた.
“紗羅, まだ無理だ.”



ボヘミアン無理に属した老けた老婆がダンスをするために準備する紗羅を乾かした. 人々が ‘エスメラルだ’と呼ぶ彼女はボヘミアンたちの間では ‘紗羅’と呼ばれた. ボヘミアンたちの守護者になった聖女 ‘紗羅’のように彼女は彼らの守護者だったからだ.


“いいえ. 大丈夫です. この子供のパパが帰って来る時までだけでも, この子供のためでも私たちのためでももうダンスをしなければならない時間です.”
“韓国は遠い所だ. 私たちはもっと遠い所にある. 待つことはお前とこの赤んぼうをもっと大変にさせるつもりの.”
老婆が一息を吐き出しながら言った.
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

・プロフィール

LIVE

Author:LIVE

LIVEスタートだ!!

・連絡事項&提案

▼シャッフルGV
次回のシャッフルGVは未定

・最近の記事

・最近のコメント

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。