ライ(´゚ω゚):;*.':;ブッ

奇人変人変態揃いの厨ギルド その名もLIVE!!(°▽、゜)キャー

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み物その4

急に悲鳴声が聞こえた.
あちらで極右派青年たち一無理が現われて彼らの旗と角材, パイプなんかを振り回しながら乱暴を働いていた. 彼らは近づくままにボヘミアンたちを殴ぐったし, 強制に連れて行った. 紗羅が導くボヘミアン無理がこちら人々の好意を得てこの近くに不法的に定着しながらボヘミアンたちの数価ますます増えることを不満にここは人種差別主義的極右派たちだった. 彼らは虫だけもできなかったボヘミアンたちを防疫するとボヘミアンたちを皆殺しにする勢いで飛びかかった.
ボヘミアンの子供達にも例外ではなかった.


彼らに荒荒しく対抗したボヘミアン一人が銃声とともに倒れた. 広場は恐ろしさに包まれたし混乱に陷った. ボヘミアンたちと銃声に驚いた人々があちらこちらにもつれて逃げだし始めた. 買いなさいという老婆から赤んぼうを渡してもらって胸に抱いたが, 開けた広場の中では赤んぼうを安全に隠す方法がなかった.


彼女はちょうど広場を通って聖堂を向かって行った師弟服装の男に赤んぼうを頼んだ. 師弟は喜んで赤んぼうを胸に隠して極右派たちを避けて聖堂で消えた.


その後, ボヘミアンたちはばらばらと散らばるとか極右派たちに引かれて行ったし, 警察たちは一歩遅れて出動して広場の混乱を収まろうとしてその一帯を統制した. ただ形式的な調査であるだけボヘミアンたちはいつも四角地帯の被害者であるだけだった. 混乱が終わると寂寞感が広場を何日目覆い被せた. 広場の前の暖冬に対する消息が伝わった後広場を尋ねる人々の足が遠のかれた.
ボヘミアン輩らも跡を隠したし赤んぼうのママもまた現われなかった.


師弟は親を失った赤んぼうのために毎日祈ってくれた. この赤んぼうに新しい親の縁を作ってくれと, この赤んぼうの生みの親がどこかに生きているように. 生きていたらまたお会いできるのを祈った.


十日が経ってした煎ずるなって行く頃, 東洋から来た観光客夫婦が聖堂を尋ねて来た. そして彼らは師弟に縮図を頼んだ. 彼らは何一つ足りないのがないが, ただ一つ, 十年目赤んぼうがいなかったのだ. 本当に赤んぼうを願う彼ら夫婦の切実な望むことを聞いた師弟は神さまが降りてくださった縁の紐が赤んぼうとこの夫婦を受け継いでいることを感じた. 師弟は赤んぼうを彼ら夫婦に任せる事にした.

幽魂の首は担いでいた.
年寄りは返事なしに無意識的に彼の画具を保管する大きなかばんで白い布地で大切にくるんだ何やら取り出した. ずいぶん前から保管したように白い天恩黄金色に褪せていた. 布地をむくと絵一点が出た.


“その時赤んぼうを引き受けた夫婦は私に来て絵を描いてくれることをブタックヘッダだね. 赤んぼうを抱いて幸せでする自分たちの姿を絵に盛ってくれと言ってしたの. ところが, 絵値段を支払って絵は持って行かなかったな. この赤んぼうの打ったママであるボヘミアンの女人がまたこの広場に現われればこの絵を彼女に伝えてくれと言ってしたの. この赤んぼうに良い親になってくれるはずだから心配するなと. 赤んぼうが見たければいつでも連絡しなさいと. ところが, この絵はまだ主人に会うことができずに私がおさめているよ.”


年寄りは幽魂に絵を見せてくれた. 幽魂は目を疑った. 絵の中の夫婦はまさに自分の養父母様だった.


“あなたの姿でぼんやり踊ったボヘミアン女人の姿を見る数イッオッダだね. あなたをくるんでいる望むことでもそれを感じることができたの. 私の目は五十年が超えるように絵を描いた目だ. 本質まで突き通す目を持っているよ. 私の目が違わなかったらお前にこれを与えたいね. お前が… 当たるか…?”


幽魂は自分にもボヘミアンの血が流れていることを熱く感じていた.
年寄りの問いに返事しなくても絵の上に落ちた涙一滴が答をしてくれた.
年寄りは幽魂にボヘミアンの女人が描かれた絵をプレゼントした.


この事がある後, 幽魂はボヘミアンたちを助ける団体で活動を始めた. 医療奉仕から教育, 生活支援, 彼らの人権を代弁する言論活動まで熱心だった. 自分のような血を分けた不幸な同族たちをそっぽを向くことができなかった.
また, こんなにボヘミアンたちのために働いてみるとご両親の生死や消息を少しでも接することができないかと思う期待もあった. しかし, ボヘミアンたちを助けることは彼の力だけでは法外に不足だった. 現在の生活より少しもよくなるようではなかったしやっと数十人のボヘミアンたちの一日一日を受け継ぐことだけでも手ごわかった.


あの時, 幽魂もカバルラソムとお金カバルリへの遺言をニュースを通じて接するようになった. 幽魂は李島が長い間待って来た, 彼の卦に出た ‘ボヘミアンたちを救援する島’というのを一気に分かった. 幽魂は自分のまた他の姿を予言する卦の中の島に出発した.
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

・プロフィール

LIVE

Author:LIVE

LIVEスタートだ!!

・連絡事項&提案

▼シャッフルGV
次回のシャッフルGVは未定

・最近の記事

・最近のコメント

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。